スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合病院で泣かされた

ふくらはぎが痛くて
歩行困難だったので
天神のS病院へ
8時30分 何課にかかってよいかわからなかったので
受付用紙に書いた後 症状を説明したところ
今日は外科に血管外科の先生が来てるので
外科にまず行かれてみたらよいかもとのことで外科へ
しばらくすると呼ばれてまた同じように症状等を記入
と看護婦?のおばちゃんから
整形外科じゃないか?という話が出て
あれこれ説明して とりあえず外科で対応してくれることになり
延々と待ち続けて10時****** ****** ****** ******
と、先生が「なぜ外科に来たんですか?」
は~~~!!!
「受付で相談した結果です」・・・この時点でかなり疲れました
先生は症状を聞いた後、特に質問されることもなく
足をちょっとさわってみて
「整形外科でみてもらった方がいいでしょう」ということになる
看護婦?今度は若いお姉さんが
整形に案内しますからどうぞ!と行って
すこすこと早足で去っていった(見失った)
足が痛くて歩けない!って言ってるじゃん
もうお姉さんを呼び止める気力も無かったので
去っていく後ろ姿を見送りつつ
1歩1歩と足を運んだ
しばらくして、たぶん整形に到着して私がいないことに気づき
戻ってきた!
あほ~~~~!!!
「早足で歩いてすみません」としきりに謝られた
私はなお泣きそうになった

S病院は迷路のようになってて
整形の隣に婦人科 反対となりに化学療法科
ぐるっと回ると 様々な科にぶちあたり
「私はどこ~~~~~」状態になるのでした

さて、整形に回された私は整形でも同じように症状等を書かされた
またしても延々と待たされ11時半頃に整形の先生とご対面
また同じ説明をして
足をちょっとみたり触ったりした先生は
「たぶん筋肉を何かの拍子に痛めたのでしょう」という

何かって何~~~!

私は明らかに骨は関係ないと思ったのに
一応レントゲンを撮ってきてくださいと言われ
4回のレントゲン科へ
またそこで待たされて2枚のレントゲンを撮り
フィルムを持っていってもらいますので、
しばらくお待ち下さいといわれてまた待つ
フィルムを受け取り、2階の整形に戻ってフィルムを渡す
またしてもひたすら待たされる
もう1時近いころに呼ばれて中にはいると
「骨に異常は無いので、やはり筋肉でしょう
シップと薬を出しますから」と言われ診察室の外に出る
そこでは何にもしてくれず 足が痛いばかりでなく
精神状態も非常に悪くなる
整形の受付でファイルを二つ渡され
コチラは外科の先生への報告が入ってるので外科に届けて
こちらは2Fの受付に出して支払い伝票を貰うように言われる
何の手当てもしてもらえないまま
更に痛くなった足を動かしつつ
2Fの受けつけに提出するときに
時間がかかるのならこれを外科に届けてきますと伝えたら
すぐ出来ないので行って来てくださいと言われ 
また外科に戻り先生への報告書を提出して
2Fの受付の前の椅子で待つ
どうやら後から来た人がどんどん呼ばれて帰っていくので
受付にきくと呼んだときにいなかったからと言う
更に外科の支払いを貰って来いと言われ
また外科に舞い戻る
外科で聞くと 支払いはもう1Fに回してるので
そのまま1Fの会計に行くように言われる
やっと1Fの会計に並んで支払う5千円以上も
そして処方箋を貰うためにまた別のカウンターへ行く
そして外の薬局に入ると
また用紙を渡されて症状等を書けといわれる
(本日4回目)
薬局でも待たされて椅子に座ってる間に
涙がボロボロこぼれてきた 1時半
ついにシップと痛み止めと胃薬を貰う
とても仕事が出来るような精神状態ではなかったけれど
どうしても渡すものがあったのと
銀行へ行かないといけなかったので
なんとか出社
半日S病院にいて 足は痛いし私の不安定な精神状態は悪化
心拍数もあがり へとへとな1日でした

「病院は病気を治さず病気を作る場所でもある」
「医者は病気の原因がわからない」 
fumipopo2号
copyright (c) アガパンサスの咲く頃 all rights reserved.

プロフィール

fumipopo2号

Author:fumipopo2号
ぼちぼち写真撮ってます

ブログ内検索

Thank you


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。